中古携帯をオークションで売るメリットとデメリット

  • 中古携帯が壊れた場合の補償について

    • 中古携帯を購入するときに一番心配なのは、壊れたときに補償してもらえるのかということでしょう。


      新品の携帯電話を携帯電話会社から購入した場合は、本体にメーカー保証がついているので、最初から使えない、あるいはしばらくしてから使えなくなったという初期不良でも無償で交換してもらえたり、修理してもらうことが可能です。

      しかし、中古携帯の場合、そういったことは可能なのでしょうか。
      まず、インターネットオークションで中古携帯を購入した場合ですが、出品者によってノークレームノーリターン、つまり、落札した携帯が使えなかったとしても文句を言ってはならない、返品も受けつけないという条件をつけているか、あるいは商品到着後、一週間程度までであれば動作に問題があった場合は返金に応じるという風に対応が分かれています。

      出来るだけ安心して購入したい場合は、返金に応じてくれる出品者から落札した方がいいですが、インターネットオークションの運営会社によって、毎月一定金額の掛け金を払えば、落札した中古携帯が故障したときに修理費を払うというサービスを行っていることがあります。

      なので、高価なスマートフォンを落札した場合は、こうした保険に入っておくといいでしょう。

      ショップから中古携帯を購入した場合は、基本的に半年程度の保証をつけてくれることが多いです。
      その分、オークションで落札するよりは割高になりますが、ショップなので代替の商品も買いやすく、オークションで買うよりは安心と言えるでしょう。
      中古携帯電話に関しては、特に新品の携帯電話が高くなっている時代としてはかなり重宝することであり、中古として携帯電話のディーラーに通話出来る様にしてもらう手数料を数千円支払うだけで、中古携帯電話も新品同様活用出来る事となります。まずは故障などの部分が無い事が必須となりますが、それでもコスト的にかなり低い状況で購入出来る事では、中古携帯電話の利用はやはり新品よりも有利な状況で活用出来る事となります。利用状況などもさすがに中古となれば気になる所であり、どの位活用出来る事となるかで、新品よりも良いコストパフォーマンスとなったりする様です。それもやはり色々と考えていく必要があり、中古として利用する部分は色々なもので活用出来る状況であり、例え携帯電話であっても数万円物差が付く商品となれば、やはり中古として考えていく事も十分に必要な状況となります。

      こうして考えてみれば、中古携帯電話に関して新品との購入の差は、やはりどこまで活用出来るかにより、それが中古でも長く利用出来る状況となれば、わざわざ高い新品を購入する事ももったいない状況となります。


      中古で購入して手数料を支払う事となれば、新品も中古も同じ様に利用する事が出来る携帯電話であり、そこでかなりの差が生まれる事となると、少し検討する事も必要な状況となります。


      まずは中古携帯電話を色々と取り扱っている業者を見ながら、より良い判断で利用する事が求められます。





      様々なiPhone8の機種変更ならお任せください。

      フラットアンテナについて正しい知識を持つこと重要です。



      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=au%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

      http://matome.naver.jp/odai/2134942737600456201

      http://matome.naver.jp/odai/2139320039584305601

  • 関連リンク

    • 古い携帯電話の処分に悩まれている方は少なくありません。特にスマートフォンは高価な商品が多く、そのまま捨ててしまうのは気が引けるという方も多いです。...

    • 昔、携帯電話の出始めは携帯会社が本体代金ゼロ円などの企画をして、携帯本体を安く手に入れることができた時代もありました。でも今では携帯電話も高機能になってきて、どれも高い値段で買わなくてはいけません。...