中古携帯をオークションで売るメリットとデメリット

  • 中古携帯を買うときには

    • 昔、携帯電話の出始めは携帯会社が本体代金ゼロ円などの企画をして、携帯本体を安く手に入れることができた時代もありました。でも今では携帯電話も高機能になってきて、どれも高い値段で買わなくてはいけません。
      スマートフォンなどはとても高くついてしまいます。

      古い機種は新品でも安くなることもありますが、人気の機種やメーカーは月々少しずつ払っていてもけっこうな金額になります。

      そんな時にいいのが中古携帯です。

      中古携帯といっても、程度はさまざまで、ほとんど新品のようなものも売っていることがあります。
      わたしは中古に抵抗がないので、中古でよいものがあるならそれを買っています。中古携帯で気をつけなければいけないのはSIMフリーのものか、キャリア制限があるのかです。


      SIMフリーなのであれば、自分の好きな携帯会社のSIMカードを契約して買ってきて入れれば、その携帯会社のプランで使うことができます。


      もしキャリア、つまり携帯会社の制限のある携帯電話なら、その会社と契約をしなければなりません。


      それは必ず確認して購入することが大切です。
      また、ユーザーロックがかかっていればその携帯会社で解除してもらうために事務手数料がかかります。

      また時々、前使用者の本体代金の残債が残っているという場合もありますので、事前に確認しておくとよいかもしれません。

      そういった気をつける点さえクリアすれば、安くてよいものに巡り会えるかもしれません。最近いろいろな店の棚がゴッソリ空くことがあります。


      範囲にして棚1ブロックから2ブロック程です。
      新しい商品が並ぶのかと思っていたら暫くしてその棚に並ぶのは大抵中古携帯や中古タブレットなのです。

      目立つのは大型の古本屋や中古ゲーム等を扱っているレンタルショップです。

      今や子供から大人まで一人一台を超え一人二台や三台携帯電話(主にスマートフォン)持っている時代です。


      スマートフォンを持った上で仕事の都合のみならず、個人で使用する為にタブレット式端末を持っている人もいます。

      そんな時代に安価で手に入れる為にはやはり中古携帯というのは非常に魅力的です。
      スマートフォンが主流になり、ガラパゴス携帯と大きく変わったのはやはり携帯電話の中に入っている情報量です。


      電話番号やメールアドレスだけではなく、ありとあらゆる種類の情報がスマートフォンの中には入っています。
      その自分が使っていたスマートフォンが他人の手に渡ることになる中古携帯販売で一番心配なのはスマートフォンの中に入っている個人情報が外に漏れないかということです。
      その辺をしっかりしてもらえているのであれば、ただただ買い換えて使い捨てるのではなく再利用してもらえるのはエコの時代には合っているのかもしれません。

      上手く活用することで経済的なだけではなく環境の為になるというものです。
      ただ、映画が好きな私はレンタルDVDの場所を削らずに中古携帯販売をしていただけると嬉しいです。

















  • 関連リンク

    • 古い携帯電話の処分に悩まれている方は少なくありません。特にスマートフォンは高価な商品が多く、そのまま捨ててしまうのは気が引けるという方も多いです。...

    • 昔、携帯電話の出始めは携帯会社が本体代金ゼロ円などの企画をして、携帯本体を安く手に入れることができた時代もありました。でも今では携帯電話も高機能になってきて、どれも高い値段で買わなくてはいけません。...